バレルドランの活火山

狐桜のサブブログ

構築相談の難しさ

"相手のリザードンに厚くするためにチョッキランドロスを入れるのはどうでしょうか"




さて、私は構築相談がとても苦手です。

自分の意見を言うのが苦手というのもあるのですが、どうしても認識の齟齬が生じてしまい、構築に納得のいかない部分ができてしまいます。


先ほどの例で言うと

両者HPがMaxであるならば、チョッキランドロスリザードンに有効な岩打点を打つことができる。
しかしランドロスの威嚇という特性から何回も後投げする必要があり、細かいダメージが積み重なることでリザードンの炎技で縛られるHPになりかねない。
構築にトリックルームを仕込むことができれば、隣でSを反転しつつ先攻して岩技を放つことができる。


という認識です。


さらに人によっては、「最速ランドロスであれば大半のリザードンを抜くことができる」や「リザードンの隣のギルガルドワイドガードで岩雪崩を防がれてしまう」、「そもそもリザードンの晴れオーバーヒートで飛ばされてしまう」などと、これまで対戦してきた相手やブログなどから得た情報から、自分なりのリザードンランドロスの相性の結論を持っていると思います。


ただ構築相談をする上では、お互いのこの認識を共通させる必要があると感じています。

片方が教える側、もう片方が教えられる側であれば教える側の認識に合わせればいいのですが、お互いに同じレベルの実力だと、今までの経験から得てきたものと異なる認識で話を進められるのがホント無理無理かたつむり。

まぁ要するに0から始める構築相談はかなり難しいと思いました。二人で一つの構築を作ろうみたいなやつ。


出来上がったものを叩いてもらうか、お互い自身のある構築でぶつかり合うのが強くなれる道じゃないんですかね?
今流行のチームを組むならそういう人たちで組みたいですね。



「その構築が強いと思うなら俺を倒してみろや」って関係、めっちゃ楽しいですよ。