バレルドランの活火山

狐桜のサブブログ

Softbank Airを解約した話


f:id:Terurunn:20171221163545j:plain

よく広告にいるこれ。



さて、先日僕は引っ越しをしました。

そのときのネット契約イベントのお話です。


派遣バイトをやってる僕は家電量販店にお世話になることも多く、

漏れ「ねーちゃん!ねーちゃん!ネット開通について教えてくり^〜」

バイト先のねーちゃん「ネット開通に強い販売員のツテがあるから紹介するで」


という流れで簡単にネット開通に強い販売員にありつくことができました。

なんか適当にそこら辺にいるキャリアの人に聞いてしまうと自分のキャリアはすごい!ってことをアピールされまくって他の選択肢をなくされてしまうらしい。

ネット開通に強い販売員を探して仲介してもらいましょう。



そして新居の性質と自分のケータイ会社(au)から紹介されたのが、softbankauの2社。

そこから回線についてのお話を受けることに。



販売員によると新居の性質からソフトバンクひかりとauひかりのいずれか…になる予定だったのですが、販売員が去った後にここでsoftbankの社員からsoftbank Airのご提案。

ネットの用途について問われ、

「す…少しオンラインゲームを…(震え声)」
任天堂のゲームです…」
「DSのゲームですね…」
「……………ポケモン……です……………」

と、上手い具合に問答をされ、ポケモンをやっていることをカミングアウトせざるを得ない状況を作られる20歳男性。これにはアリストテレスもびっくり。

戻ってきた販売員に「あ〜〜私も息子がそろそろポケモン始めようとしてますよ〜!」みたいなフォローを入れられ辛さが増していく。あなたの息子何歳よ。


ポケモンってわかった瞬間「でしたらぁ!そのあたりのゲームならこちら(Air)の回線でも問題なくできますよぉ!なんせ僕もPS4でこちらの回線使ってるんですけど〜」と大喜びで語りかけてくる社員。つらい。嘘でもスプラトゥーンにしておけばよかった。


しかし開通工事を行うと開通するまでに数週間かかってしまうのに対して、Softbank Airはコンセントを指すだけで今日から使えるらしいのは大変魅力的。

ジョウト×アローラの期間中であり、僕の瞳にはとても輝いて写りました。そして翌日にはラブライブサンシャインも放映される。なぜかTOKYO MXが映らない新居なので、バンダイチャンネルで先週の話を見なければならない使命があるんだ。

余談となりますが、新居に引っ越した当日にテレビが映らないことで大家に電話をかけたら、ただTOKYO MXが映らなかっただけで恥ずかしい思いをした経験があります。あぁやだ恥ずかしい…


いやTOKYO MX映らないのおかしいでしょ。




そのうえSoftbank Airには8日間のクーリングオフ機能付き。

なので、Softbank Airau ひかりを同時に契約して、Softbank Airに問題がなければau ひかりの契約をキャンセル、Softbank Airに問題があったらクーリングオフ制度を用いませんか?

という提案を販売員さんから受け、それに決定。有能販売員は神。



結局のところSoftbank Airでオンライン対戦をすると切れてしまうことがあり、クーリングオフ制度に出すことに決めました。


その電話で

「お客様の地域は電波が悪いようで……大変ご迷惑をおかけいたしました。もし新しい回線が決まっていないようでしたら、工事費や備品費用を無料で、またAirと同じ価格でSoftbankひかりとのご契約の提案をしたいのですがいかがでしょうか?」

みたいなことを言われました。


備品だけでも27000円かかるところを無料で提供してくれるのすげぇ…って思いながらお断りさせていただいたのですが、Softbankの素晴らしさを感じました。




おわり。