バレルドランの活火山

狐桜のサブブログ

しりとりドラフト

しりとりドラフトに参加した記事です。

詳細↓
http://kumapoke.hateblo.jp/entry/2018/12/20/114020


コンセプトは一番ドラフトがうまいくまーを倒して優勝すること。

自分はしりとりで
ボーマンダダルマッカカミツルギギルガルドドククラゲゲッコウガを選択。

以下使用構築

ボーマンダ@ボーマンダナイト
捨て身タックル 地震 瓦割り 龍の舞
陽気H4A252S252

vsくまーの壁ライコウを考慮して瓦割り採用。地震→瓦割りで何もさせず1匹もらうため。


ダルマッカ@炎Z
フレアドライブ 馬鹿力 身代わり 守る
勇敢H12A252B244(S個体値0)

vsりりのトリル展開のために採用。命中率不安は炎Zで補う。
クチートの不意択を行うため身代わり採用。
身代わり後のHPでクチートの不意打ち乱数2つ切って耐え。


カミツルギ@ヒコウZ
リーフブレード サイコカッター スマートホーン 追い風

ライコウの10万2耐えするやつ。


ギルガルド@ラムのみ
シャドーボール 影打ち 聖なる剣 キングシールド

シャドーボール+影打ちでデンジュモク倒せるところまでのACを割いた。催眠Zをしばく。


ドククラゲ@食べ残し
まとわりつく ミラータイプ アクアリング 冷凍ビーム
最速グライオン抜き、グライオンを冷凍ビームで確定

vsヨコチのテッカグヤをはめるために特性ヘドロえき。
宿り木のダメージとまとわりつくで毎ターン1/4削る。
vsジャスのゴーリを詰めるためにミラータイプの採用。最初はまとわりつくは黒い霧であった。

なお持ち物を黒いヘドロにするとミラータイプしたあと痛い目みる(直前に気づいた)


ゲッコウガ@命の珠
冷凍ビーム 水手裏剣 とんぼ返り 毒菱(岩雪崩)
無邪気A212C92S204

vsジャスに対して初手毒菱をしてオニゴーリを通させないようにする。
vsくまーに対して捨て身タックル+D2段階下降時水手裏剣でパルシェンを倒すように珠水手裏剣採用。






vsくまー(ライコウパルシェンジャラランガウルガモス
初手マンダ、こちらは電気が一貫しているためきっとライコウを出してくれる。
ライコウであれば地震→瓦割りでライコウを倒す。裏から出てくるパルシェンは捨て身で削って積ませて、ゲッコウガの手裏剣圏内に。

初手パルシェンの場合はマンダは捨て身タックルで切る→ゲッコウガの手裏剣で倒す。ライコウが出てきたら蜻蛉で帰り、カミツルギを出す。ここでカミツルギは10万を2耐えするため、ライコウがいずれの選択をしてもサイコカッター→追い風Zをと選択。10万10万で追い風が不発だった場合はゲッコウガでスイープ、光の壁10万はブーストしたカミツルギで裏まで剤りつつゲッコウガでスイープ。カミツルギ見てジャラランガ引きはサイコカッターが半分入るため勝ち。カミツルギ見てウルガモス引きは、蝶舞に合わせて追い風Zor急所狙いのサイコカッター連打の択。
・急所に当てに行く→蝶舞きのみで確定負け、炎技を選ばれてゲッコウガで倒してもライコウを雪崩で怯ませるしかない
・追い風選択→ゲッコウガで雪崩連打でライコウを怯ませるしかない。
またCSライコウであれば蜻蛉+岩雪崩で高乱数で落ちる。

また不意のスカーフとかは全て負け。やめてくれよな。





戦績 6-3

vsヨコチ○(テッカグヤ ヤドキング グライオン
ボーマンダ ドククラゲ ダルマッカ選出。
まとわりつくミラータイプドククラゲで詰めて勝ち。
普通に強くて笑った。

vsくまー☓(ライコウ パルシェン ジャラランガ
ボーマンダ ゲッコウガ カミツルギ選出。
ゲッコウガのCを落としたことでジャラランガ倒せず負け(は?)
配分変更には気をつけよう!(戒め)

vsクラゲ○(クレッフィ シャンデラ キテルグマ
ギルガルド ボーマンダ ゲッコウガ選出。
ボーマンダの瓦割りが刺さって勝ち。ゲッコウガが強かった…

vsもふもふ○(カプ・テテフ ナットレイ イワパレス
ゲッコウガ ボーマンダ カミツルギ選出。
追い風Zが綺麗に決まって勝ち。

vsサネコウ○(オドリドリ ガルーラ ランドロス
ゲッコウガ ボーマンダ カミツルギ選出
オドリドリを雪崩で怯ませで後出しランドを冷凍ビームで倒してgg

vsょー☓(ウツロイド ヒートロトム ルカリオ
ギルガルド ボーマンダ カミツルギ選出。
ヒートロトム出てくる前にボーマンダを倒されて負け。もとから無理っぽい。

vsプルガサリ○(プテラ クヌギダマ スターミー)
ゲッコウガ ボーマンダ カミツルギ選出。
クヌギダマが爆ぜた。

vsぴえる○(パラセクト トルネロス ラグラージ
ボーマンダ ギルガルド カミツルギ選出。
トルネロスの暴風避けて勝ち。

vsりり☓(スイクン クチート デンジュモク
不意追い風Z択を甘え、デンジュモクリーフブレード耐えられて負け。





感想

VGCの息抜きに楽しそうな部内戦があるため参加させていただいた。予め何が使われるか決まっており、それらの対策を考え、その考えどおりに動くのはGSにも繋がるように感じている。
また、努力値配分を変更(カミツルギのA、ゲッコウガのCを下げる)をしてしまい、綺麗に耐えられ負けてしまったのがとても悔やまれる。これらは、くまーの裏ライコウ選出を嫌っての配分変更であったが、裏ライコウは切るべきであったと感じている。欲張って完封を目指した故に、他のところでほころびが生じてしまった。とても悲しい。

GSというルールは制限ダブル、全国ダブル以上にすべての構築に対応するのが難しいルールであると感じているため、何を切り、何を拾うか考えていきたい。息抜きで参加した大会であったが、得るものはたくさんあった。



おしまい。